コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中台対話

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中台対話

中台間では中国側が台湾を交渉対象と認めず、台湾側も中国との接触や交渉を拒否してきたため、行政当局者同士の公式接触は避けられている。だが80年代から経済や人的交流が増えた結果、紛争処理のため相互に民間窓口を設置。その後、政治問題などもこの窓口を通じて交渉するようになった。民間窓口は、中国側が海峡両岸関係協会、台湾側が海峡交流基金会。トップには政権から信任の厚い有力者が就任する。

(2008-04-19 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中台対話の関連情報