コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中台対話

1件 の用語解説(中台対話の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中台対話

中台間では中国側が台湾を交渉対象と認めず、台湾側も中国との接触や交渉を拒否してきたため、行政当局者同士の公式接触は避けられている。だが80年代から経済や人的交流が増えた結果、紛争処理のため相互に民間窓口を設置。その後、政治問題などもこの窓口を通じて交渉するようになった。民間窓口は、中国側が海峡両岸関係協会、台湾側が海峡交流基金会。トップには政権から信任の厚い有力者が就任する。

(2008-04-19 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中台対話の関連キーワード歴史考古学三通台湾出兵台湾栗鼠敏感中台協議台湾語中台直行便金門1国2制度

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中台対話の関連情報