コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国とドーピング

1件 の用語解説(中国とドーピングの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国とドーピング

中国は94年の広島アジア大会で大量違反が発覚、11選手のメダルが剥奪(はくだつ)された。00年シドニー五輪前には、陸上中長距離の「馬軍団」を率いた馬俊仁コーチが薬物疑惑で6人の選手とともに代表を外された。04年に反ドーピング法が施行されたが、その後も違反は後をたたない。女子マラソンの孫英傑は05年10月から2年間の出場停止処分を受け、昨年8月には遼寧省鞍山市の体育学校で組織的なドーピング事件が発覚した。

(2007-01-23 朝日新聞 朝刊 スポーツ2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国とドーピングの関連キーワードアジア競技大会東アジアアジアカップ小アジア南アジアOCA一校一国運動AFCアジアカップ地域競技大会エバーオンワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone