コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国とバチカン

1件 の用語解説(中国とバチカンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国とバチカン

バチカンは1942年、当時の中華民国と国交を結んだが、49年に成立した中華人民共和国は51年、バチカン公使を追放。バチカンは台湾と外交関係を維持している。中国は、バチカンの影響を受けない中国天主教愛国会を設立し、司教を独自に任命するなど、敵対的な関係が続いてきた。98年、台湾の中国司教団が「台湾地区司教団」に改称し、関係改善の地ならしが始まった。

(2006-07-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国とバチカンの関連キーワード王克敏広東政府辛亥革命大総統中華民国五色旗民国日台台湾と国連清水董三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国とバチカンの関連情報