コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国と市場経済

1件 の用語解説(中国と市場経済の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国と市場経済

天安門事件で活力を失った政治経済を立て直すため、中国最高指導者のトウ小平(トンシアオピン)氏は1992年初め、広東省や上海などを視察した後、談話「南巡講話」を発表。中国共産党政治権力を独占する社会主義体制のもとで、市場経済を取り込む「改革開放」を加速した。世界貿易機関(WTO)加盟や株式市場導入など、その後の成長の基礎を築いた朱鎔基(チューロンチー)前首相時代、呉氏は改革の「水先案内人」ともいわれた。かつての研究グループの部下には、中国人民銀行(中央銀行)総裁の周小川氏、中国証券監督管理委員会主席の郭樹清氏、国家ファンド中国投資会長の楼継偉氏らがいる。

(2012-01-06 朝日新聞v 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国と市場経済の関連キーワード天安門天安門事件鄧小平楊尚昆江沢民社会主義市場経済政治経済学改革開放名を立てるレイムダック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone