コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国のカトリック教

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国のカトリック教

中国政府は建国から2年後の1951年、カトリック布教の歴史を西欧による植民地政策の一環ととらえ、バチカン国交を断絶。外国人司教を追放、独自に司教を任命するなど教会への干渉を始めた。90年代以降、宗教政策を緩和させた中国と、中国の信徒を獲得したいバチカンの思惑が一致し、国交回復の動きも出ていたが、中国側は06年、神父3人を法王の承認を得ずに司教に任命。関係改善の動きは止まっている。中国国家宗教局によると、国内のカトリック信徒数は約400万人。非公認の教会も含めると1200万人という推計もある。

(2011-01-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android