コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の刑事裁判

1件 の用語解説(中国の刑事裁判の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の刑事裁判

事件の規模や重大さによって一審裁判所が異なる二審制。日本の地裁に相当する基層人民法院と中級人民法陰高裁に当たる高級人民法陰最高裁である最高人民法院の4種の裁判所がある。外国人犯罪や殺人事件などは通常、中級人民法院で一審、省・直轄市・自治区ごとの高級人民法院が上訴などを受け持つ。刑法によると、殺人のほか、傷害、強姦(ごうかん)、麻薬密輸・販売、組織売春、汚職、スパイ行為、貨幣偽造、脱税などでも死刑になる可能性がある。執行猶予付きの死刑判決の場合、一定期間、服役態度に問題がなければ無期懲役に減刑される例が多い。

(2007-04-14 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国の刑事裁判の関連キーワード控訴高等裁判所裁判所地方裁判所一審合議制裁判所控訴裁判所高等検察庁上告裁判所終審裁判所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国の刑事裁判の関連情報