コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の労働契約法

1件 の用語解説(中国の労働契約法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の労働契約法

雇用期間の長期化を促し、労働者の権利保護を強化する法律で、来年1月1日に施行。同じ企業で勤続10年を超えた場合などに、労働者が希望すれば無期限の雇用契約を結ぶことを義務付けたほか、20人以上または全従業員の10%以上の解雇には、労働組合や全従業員への説明と当局への報告を求めている。賃金未払いなどを防ぐため、書面による雇用契約締結の徹底も求め、働き始めてから1カ月を過ぎても書面契約を結ばない雇用主は、月給の2倍の割増賃金を支払うよう定めた。

(2007-12-13 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国の労働契約法の関連キーワード雇用促進事業団労働三法派遣労働移住労働者等権利保護条約使用証明ALMP有期契約労働者有期労働者雇入通知書労働契約書

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone