コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の戦犯裁判

1件 の用語解説(中国の戦犯裁判の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の戦犯裁判

撫順戦犯管理所(遼寧省撫順市)によると、国民党政権による日本の戦犯裁判が46年から49年にかけて行われ、149人に死刑判決が下されたほか、350人以上に有罪判決が下された。49年の中華人民共和国の成立を受け、共産党政権はこれとは別に、ソ連が拘束していた旧日本軍人ら約1千人に対して独自の審査を行った。大半は「不起訴処分」とされたが、計45人が56年に瀋陽と太原の2カ所で開かれた「日本戦犯特別軍事法廷」で裁かれ、最高で禁固20年の判決が出た。

(2006-08-09 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国の戦犯裁判の関連キーワード遼寧省愛新覚羅溥儀興京戦犯鉄嶺撫順赫図阿拉沙河奉天省公署撫順戦犯管理所の日本人戦犯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone