コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の改革・開放

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の改革・開放

農業、工業、国防、科学技術の「四つの近代化」に向け、トウ小平の主導で始まった国内改革および対外開放政策を指す。1978年12月の中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議で毛沢東時代からの路線の歴史的転換が決定的となった。毛沢東の死去と、江青夫人ら4人組の逮捕から2年後のことで、大躍進政策や文化大革命の混乱で疲弊していた中国は以後、従来の計画経済を脱して市場原理を大胆に採り入れていくようになる。人民公社を解体して個別農家に自主的権限を与える生産請負制とし、国有企業を守りながらも個人経営を認め、広東省の深センなどに経済特区を作って積極的に外資導入を図った。富める条件の地域から先に富むべしというトウ小平の考えは「先富論」として知られる。89年の天安門事件で中国は政治経済の活力が落ちたが、トウ小平はこれを見て92年には南巡講話で改革・開放の大号令を発した。このあと中国は「社会主義市場経済」を掲げて驚異的な経済成長を続けているが、一方で沿岸部と内陸部の格差や環境汚染など問題も深刻化している。

(2008-03-24 朝日新聞 朝刊 東特集A)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

中国の改革・開放の関連キーワード東南アジアの華人ドイ・モイ世界経済ドイモイ華僑官倒香港

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国の改革・開放の関連情報