コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の高速鉄道整備計画

1件 の用語解説(中国の高速鉄道整備計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の高速鉄道整備計画

中国の鉄道の営業距離は約7・7万キロで、米国、ロシアに次いで世界3位。貨物輸送でも大動脈となっており、経済成長とともに在来線の混雑が激しくなってきた。このため、「子弾頭」のような在来線の高速化と同時に、日本の新幹線のように旅客輸送用の新線を建設し、時速300キロ以上で走らせる計画を進める。10年までに北京―上海、武漢―広州など約7千キロを完成、20年には路線網を合計1・2万キロまで拡大する方針。総事業費は2兆元(約30兆円)ともいわれる。

(2007-03-23 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone