コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の5カ年計画

1件 の用語解説(中国の5カ年計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の5カ年計画

政府が中期的な重点事業や経済運営のあり方を5年ごとに定める計画。第1次計画は53〜57年に実施され、その後は延期や中断もあった。制度として定着したのは81〜85年の第6次計画からだ。計画経済下の細かい生産・投資目標から、マクロ的な誘導目標へと重点は徐々に移っている。計画づくりは国家発展改革委員会を中心に2年ほど検討する。開始前年の秋に、共産党中央委員会総会が「政府への提案」の形で基本方針を確認。1年目の3月に開く全国人民代表大会で政府提案を採択する。

(2006-01-12 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国の5カ年計画の関連情報