コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国・宋代の禅の公案集

1件 の用語解説(中国・宋代の禅の公案集の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

中国・宋代の禅の公案集

心頭を滅却すれば、火おのずから涼し。\『碧巌録』(へきがんろく)
中国・宋代の禅の公案集。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国・宋代の禅の公案集の関連キーワード快川紹喜恵林寺読書百遍義自ら見る滅却自ずから自ずと心頭を滅却すれば火も亦涼し自ら卑うすれば尚し名教の内自ずから楽地有り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone