コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国残留孤児の支援策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国残留孤児の支援策

永住帰国した孤児と2世は、まず中国帰国者定着促進センターで半年間、基礎的な日本語や生活習慣を学ぶ。その後は8カ月間、中国帰国者自立研修センターで、日本語を学びながら就労相談を受ける。孤児が高齢になったため、実質的には2世のための就労支援となっている。同行する1家族に関しては94年度から、渡航費や自立支度金が用意されるようになった。最近帰国した孤児は高齢で就労できず、ほとんどが生活保護を受ける。子どもと同居する場合には、生活保護費が出なくなるため、帰国しても結局は、別々に暮らす人たちが多い。厚労省が03年までに永住帰国した孤児と残留婦人を対象にした調査によると、回答した4094人のうち、孤児世帯の61.4%が生活保護を受けている。同伴帰国した子どもと同居している孤児は28%。

(2006-11-29 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android