中国電力(株)(読み)ちゅうごくでんりょく

  • 中国電力

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民間電力会社。供給区域は中国地方の5県と香川県・愛媛県・兵庫県の一部で、1951年(昭和26)電気事業再編成の一環として旧中国配電の供給区域を継承して設立された。当初は水力発電所の出力が火力発電所の出力を若干上回っていたが、その後火力開発に力を入れ、発電設備出力では1959年度に、発電電力量では1960年度に、火力が水力を凌駕(りょうが)する火主水従化を実現した。その過程で、第二次世界大戦後の電力不足を全国に先がけて解消したことは、注目に値する。高度経済成長期の業績は他の電力会社と比べてかなり良好であり、1966年には、電気事業再編成で9電力体制が発足してから初めての電気料金値下げを単独で実施して、高い社会的評価を受けた。原子力開発への着手も早く、オイル・ショック発生直後の1974年に、島根県松江市で島根原子力発電所の運転を開始した。中国電力と日立製作所が共同開発した沸騰水型軽水炉を使用した島根原子力発電所は、日本で最初の国産原子力発電所となった。中国電力は、1980年代からは海外炭火力開発、1990年代からはLNG(液化天然ガス)火力開発に力を入れた。資本金1855億円(2008)、売上高1兆0384億円(2008)。販売電力量636億キロワット時(2004年度)。島根原子力、柳井(やない)火力など多数の発電所をもつ。現在、第2の原子力発電所として、山口県熊毛(くまげ)郡に上関(かみのせき)原子力発電所を建設する準備を進めている。

[橘川武郎]

『中国電力株式会社編・刊『中国電力50年史』(2001)』『橘川武郎著『日本電力業発展のダイナミズム』(2004・名古屋大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android