コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央アジアのイスラム

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中央アジアのイスラム

スンニ派が主流で、寛容と中庸を重んじる。ソ連時代にスターリンの弾圧を受け、イスラムの伝統が薄れたが、91年末のソ連崩壊で自由化され、信者は増加しつつある。アフガンに接するため、6千人規模とも言われる「ウズベキスタン・イスラム運動」などイスラム武装勢力の流入に各国政府は神経をとがらせている。

(2012-02-06 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

中央アジアのイスラムの関連キーワードクタイバ・ブン・ムスリム中央アジアイスラム圏ゴンバデスライマンインド・イスラム美術バラクハンメドレセイスマーイール廟黒海経済協力機構キルギス(国)ソユールガールチムール帝国スンニ派

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央アジアのイスラムの関連情報