コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央アジア情勢 ちゅうおうあじあじょうせい

1件 の用語解説(中央アジア情勢の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

中央アジア情勢

1991年に突然独立を迫られたカザフスタンウズベキスタンキルギスタジキスタントルクメニスタンの5カ国は、それぞれが独立国家建設の困難な道を歩んでいる。経済面で各国に格差が生じ、それが政治関係にも影響している。ウズベキスタンとカザフスタンがこの地域での盟主としての地位を争ってきたが、近年は、石油などエネルギー資源ゆえに経済的にカザフスタンに大きく水をあけられた。中央アジア諸国は様々な経済協力機構をこれまで創設してきたが、いずれもまともに機能していない。その理由も、経済格差ゆえに各国の調整がうまくいかず、利害がぶつかり合うからである。もう一つの大きな変化は、米同時多発テロのあと、米軍が中央アジアに駐留することになったことだ。そのため、経済支援や安全保障面で米国への期待が一気に高まった。しかし、最近は支援が期待するほどでもなかったとして、米国への失望感も生まれて、ロシアが積極的にエネルギー面や軍事面で影響力を強めている。日本は「中央アジア+日本」の協力枠組みを提唱し、06年8月、小泉首相がカザフスタン、ウズベキスタンを訪問した。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央アジア情勢の関連キーワードアラル海ウズベク族カザフトルキスタンアクモラアスタナフスタカザフ岩ウイグル族と独立運動カザフ種 (Kazakh)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone