コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央北地区の整備事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中央北地区の整備事業

計画の対象は川西市火打1丁目周辺の約22.3ヘクタールで、大阪・梅田北ヤードとほぼ同じ広さ。伝統的な皮革業の工場が1965年に90以上集積していたが、革のなめし工程に伴う排水処理が問題になったり、輸入品に押されたりして徐々に衰退。95年に業者側が地区の再開発と土地の買い上げを求め、市が応じた。約50社の転廃業補償や土地の取得にこれまで200億円以上を市が負担。2005年に排水処理施設が閉鎖された。当初は約1600戸の住宅建設を核とした計画だったが、不況で開発業者が決まらないことなどから、まちづくりの手法を土地区画整理事業に変更。土地の形を整え、南北に貫くせせらぎ遊歩道(延長約600メートル、幅16メートル)や、中央公園(2ヘクタール)などを整備する計画が今年7月に都市計画決定された。今年度中の事業認可をへて、個々の所有地の移転先を示す仮換地指定が12年度中に進められる。事業費は約100億円とされる。

(2010-10-03 朝日新聞 朝刊 阪神 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android