コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中子・中心・茎 なかご

大辞林 第三版の解説

なかご【中子・中心・茎】

入れ子に作った器物の、内部に入る方のもの。
うりなどの実の内部の、種の入った軟らかい部分。
(「茎」とも書く)刀剣の、柄つかの内部に入る部分。 → 太刀
葦の茎の内側の薄皮。
中空の鋳物を作る際、内部に入れる鋳型。中型。
やじりの篦の中に入る部分。
物の中心。しん。 〔名義抄〕
〔堂の中央に置くことから〕 斎宮の忌み詞で、仏。 「経・仏など忌みて、-・染紙などいふ/徒然 24

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android