コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中将姫誓願桜

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中将姫誓願桜

奈良時代、継母にうとまれて都を追われた中将姫が道中、重い婦人病にかかった。願成寺の観音様に願ったところ、完治したため感謝の念を込めて桜を奉納したという伝説が残る。誓願桜は、枯れた原木の根本からひこばえが成長した幹が伸びている。薄い淡い色の花が咲く。

(2012-04-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

中将姫誓願桜の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中将姫誓願桜の関連情報