中尾 喜久(読み)ナカオ キク

20世紀日本人名事典の解説

中尾 喜久
ナカオ キク

昭和・平成期の内科学者 東京大学名誉教授;自治医科大学名誉学長。



生年
明治45(1912)年1月22日

没年
平成13(2001)年6月21日

出生地
茨城県

学歴〔年〕
東京帝国大学医学部医学科〔昭和11年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔昭和18年〕

主な受賞名〔年〕
エルウィン・フォン・ベルツ賞(佳作賞 第1回)〔昭和39年〕「冠循環に於ける血行力学因子の分析」,勲一等瑞宝章〔昭和59年〕

経歴
東京大学医学部助手、講師、助教授を経て、昭和33年群馬大学教授、38年東京大学教授。47年僻地医療向上のため都道府県が共同設立した自治医科大学の初代学長に就任。57年同大附属病院に地域診療所を設置、また大学付近に辺地医療モデル地区を設置し、辺地医療の充実に努めた。平成8年学長退任、のち名誉学長。この間、59年中国医科大学名誉教授、62年東大名誉教授。臨床血液学の世界的権威者として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android