中山文五郎(2代)(読み)なかやま ぶんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山文五郎(2代) なかやま-ぶんごろう

?-1862 江戸時代後期の歌舞伎役者。
3代中山文七(のち中山百花)の門弟となり,中山百蔵を名のる。京坂で敵役(かたきやく)をつとめ,文政8年2代を襲名。「顔付きは見るから可笑(おか)しく」といわれ道化役を得意とした。文久2年死去。俳名美男,眼猿。屋号大坂屋,鬢付屋(びんつけや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android