コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山文五郎(3代) なかやま ぶんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山文五郎(3代) なかやま-ぶんごろう

?-1879 幕末-明治時代の歌舞伎役者。
大坂浜芝居をへて,明治3年大阪中の芝居(中座)で3代を襲名。敵役(かたきやく)とともに,道化役を得意とした。明治12年9月1日死去。大坂出身。前名は中山猪八(3代)。俳名は眼笑。屋号は鬢付屋(びんつけや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中山文五郎(3代)の関連キーワードボアボードランおもなお雇い外国人アレクサンダル1世カレーエフセベーリドンケル=クルティウス高橋お伝ルノンドーライシャワー織田純一郎

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone