中山晉平(読み)なかやましんぺい

精選版 日本国語大辞典の解説

なかやま‐しんぺい【中山晉平】

作曲家。長野県出身。東京音楽学校卒。大正三年(一九一四)「復活」の劇中歌「カチューシャの唄」を作曲、大流行した。のち「証城寺の狸囃子」「出船の港」など庶民的な童謡・歌曲の大家として活躍。明治二〇~昭和二七年(一八八七‐一九五二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android