中山稲青

美術人名辞典の解説

中山稲青

俳人。本名健三郎。埼玉県生。農業に従事する。俳句ははじめ大野洒竹糸の翠風会に属し、のち日本派に転じ正岡子規の指導を受ける。明治35年俳誌『アラレ』を創刊し9年間存続した。『アラレ』廃刊後、『睡蓮』『無花果』『善』等を主宰する。著書に『稲青句集』がある。昭和20年(1945)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android