コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山間保全整備事業

1件 の用語解説(中山間保全整備事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中山間保全整備事業

森林や農地が混在して森林の適切な管理が行われていなかったり、耕作放棄地が増加したりしている地域で、森林整備農用地整備、農林業用道路建設などを一体的に行い、農林業の振興を図る事業。緑資源機構は99年度からこの事業を開始。現在、熊本県の「阿蘇小国郷区域」(5822ヘクタール)と島根県江津市などの「邑智(おおち)西部区域」(3080ヘクタール、総事業費120億円)の2事業が進められている。農用地や農林道の整備には55%、森林の整備には全額が国から補助されている。

(2007-05-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山間保全整備事業の関連キーワード森林整備森林の流域管理システム森林蓄積森林と人との共生林森林計画面積現況森林面積森林の転用用途別面積森林計画国有林の地域別の森林計画森林の二酸化炭素(CO2)吸収

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone