中山 省三郎(読み)ナカヤマ ショウザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

中山 省三郎
ナカヤマ ショウザブロウ

昭和期の詩人,ロシア文学者



生年
明治37(1904)年1月28日

没年
昭和22(1947)年5月30日

出生地
茨城県真壁郡柴尾村酒寄

学歴〔年〕
早稲田大学露文科卒

経歴
大学時代「街」などを創刊し、卒業後はロシア文学、特にプーシキンツルゲーネフなどの翻訳、紹介につとめ、ツルゲーネフ「散文詩」「猟人日記」やメレジコフスキー「永遠の伴侶」など多くの翻訳書がある。また詩人としても活躍し、詩集として「羊城新鈔」「水宿」などがある。児童文学関連では大正11年に雑誌「夕焼」を出して童謡を書き、児童自由詩集「蝙蝠の唄」(大川)の出版に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

中山 省三郎 (なかやま しょうざぶろう)

生年月日:1904年1月28日
昭和時代の詩人;ロシア文学者
1947年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android