中島 幾三郎(読み)ナカジマ イクサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

中島 幾三郎
ナカジマ イクサブロウ

明治・大正期の工業家 印刷機械の発明者。



生年
安政5年8月8日(1858年)

没年
大正13(1924)年

出生地
美濃国本巣郡北方(岐阜県)

経歴
19歳で東京に出て石川島造船所の前身の石川島平野造船所に入って機械の知識を得、明治18年大阪で印刷機械製造工場を設立。活版ハンド機、石版ハンド機、コロタイプ印刷機を製作。幾多の困難ののち、大正3年オフセット印刷機を発明・完成させた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

中島 幾三郎 (なかじま いくさぶろう)

生年月日:1858年8月8日
明治時代;大正時代の工業家。印刷技術者
1924年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android