コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島[村] なかじま

1件 の用語解説(中島[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかじま【中島[村]】

福島県南部,西白河郡の村。人口5128(1995)。中通り地方南部,阿武隈川上流の北岸に位置する。北東部は丘陵で山林,畑地が多く,南西部から東部にかけてはおおむね平たんで,水田地帯となっている。中心の滑津(なめづ)は陸羽街道茨城街道を結ぶ地方交通の要衝であった。第2次大戦中までは県下有数の馬産地であったが,その後,和牛の飼育,養豚,養鶏に転換している。1960年代中ごろに圃場整備事業が行われ,稲作の機械化・省力化による余剰労働力を利用してキュウリトマトなどの野菜栽培が盛んとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中島[村]の関連キーワード中西白浪阿武隈川白川福島白河城白河の関棚倉自然郷谷乃越

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone