コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島[村] なかじま

世界大百科事典 第2版の解説

なかじま【中島[村]】

福島県南部,西白河郡の村。人口5128(1995)。中通り地方南部,阿武隈川上流の北岸に位置する。北東部は丘陵で山林,畑地が多く,南西部から東部にかけてはおおむね平たんで,水田地帯となっている。中心の滑津(なめづ)は陸羽街道茨城街道を結ぶ地方交通の要衝であった。第2次大戦中までは県下有数の馬産地であったが,その後,和牛の飼育,養豚養鶏に転換している。1960年代中ごろに圃場整備事業が行われ,稲作の機械化・省力化による余剰労働力を利用してキュウリ,トマトなどの野菜栽培が盛んとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中島[村]の関連キーワード枚方市立枚方宿鍵屋資料館トレンティノアルトアディジェ州ハロゲートウルビーノトリニダード・トバゴ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中島[村]の関連情報