中島三甫右衛門(3代)(読み)なかじま みほえもん

  • 中島三甫右衛門(3代) なかじま-みほえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1736-1783 江戸時代中期の歌舞伎役者。
元文元年生まれ。2代中島三甫右衛門の門弟敵役(かたきやく)と半道方(はんどうがた)をかねた。2代中島三甫蔵をへて,天明3年3代三甫右衛門を襲名したが,顔見世出勤のないまま同年12月4日死去。48歳。江戸出身。初名は中島志賀蔵。俳名は笠子,狸十。屋号は中島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android