中島三甫右衛門(3代)(読み)なかじま みほえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「中島三甫右衛門(3代)」の解説

中島三甫右衛門(3代) なかじま-みほえもん

1736-1783 江戸時代中期の歌舞伎役者
元文元年生まれ。2代中島三甫右衛門の門弟敵役(かたきやく)と半道方(はんどうがた)をかねた。2代中島三甫蔵をへて,天明3年3代三甫右衛門を襲名したが,顔見世出勤のないまま同年12月4日死去。48歳。江戸出身。初名は中島志賀蔵。俳名は笠子,狸十。屋号は中島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android