中川 芳太郎(読み)ナカガワ ヨシタロウ

20世紀日本人名事典の解説

中川 芳太郎
ナカガワ ヨシタロウ

明治〜昭和期の英文学者



生年
明治15(1882)年5月10日

没年
昭和14(1939)年7月10日

出生地
愛知県名古屋市

学歴〔年〕
東京帝大英文科〔明治39年〕卒

経歴
母校の第八高等学校で教え、定年退官まで勤めた。同期に小山内薫、森田米松(草平)、辻村鑑らがいる。夏目漱石の弟子で、卒業論文に漱石は最高点をつけた。漱石の「文学論」は中川が講義ノートから原稿を書き、漱石が校閲した。著書に「英文学風物誌」「欧羅巴文学を併せ観たる英文学史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android