コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川[村] なかがわ

世界大百科事典 第2版の解説

なかがわ【中川[村]】

長野県南部,上伊那郡の村。人口5514(1995)。天竜川中流域,伊那盆地中央部に位置する。東部は大部分が伊那山地で占められ,平地は少ない。西部は天竜川西岸の発達した河岸段丘が占め,米作,畜産をはじめ,二十世紀梨を中心とした果樹や野菜の栽培が行われる。天竜川に並行して国道153号線が走るほか,西端をJR飯田線が通じる。北部に陣馬形山(1445m),南部に小渋湖,小渋湖温泉(単純泉,16℃)があり,天竜小渋水系県立自然公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中川[村]の関連キーワードいわむらかずお絵本の丘美術館アルコイニューマーケットアテネ(ギリシア)鶴岡市の要覧

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中川[村]の関連情報