中川 宋淵(読み)ナカガワ ソウエン

20世紀日本人名事典の解説

中川 宋淵
ナカガワ ソウエン

昭和期の僧侶,俳人 龍沢寺(臨済宗妙心寺派円通山)第10世住職。



生年
明治40(1907)年3月19日

没年
昭和59(1984)年3月11日

出生地
山口県岩国市錦見

本名
中川 基(ナカガワ モトシ)

別名
号=密多窟(ミツタクツ),俳号=宋淵

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部〔昭和24年〕卒

経歴
旧満州、蒙古、中国を放浪して修行、帰国後の昭和25年から円通山龍沢寺10世住職。故高見順など文学界をはじめ政財界人と広く交流。元横綱大鵬も現役時代に参禅した。大学在学中から芭蕉に傾倒し、飯田蛇笏に師事、優れた俳人でもある。句詩文集「詩龕」(しがん)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android