中弁・中辨(読み)ちゅうべん

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐べん【中弁・中辨】

〘名〙 令制で太政官の判官(じょう)の一つ。左・右両弁官局に分属し、大弁の下、少弁の上に位置する。定員は各一人。正五位上相当官。なかのおおともい。〔令義解(718)〕

なか‐の‐おおともい ‥おほともひ【中弁・中辨】

〘名〙 =ちゅうべん(中弁)〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android