コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中新田[町] なかにいだ

百科事典マイペディアの解説

中新田[町]【なかにいだ】

宮城県中北部,加美(かみ)郡の旧町。鳴瀬川中流域を占め,中心の中新田谷口集落で,商業中心地として発達。水田が広く,県下でも有数の銘柄米の産地。丘陵部では酪農,果樹,野菜栽培も行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかにいだ【中新田[町]】

宮城県北部,加美郡の町。人口1万4218(1995)。鳴瀬川仙北平野に出る谷口に位置し,町域は北西から南東に細長い形状を示す。北部は丘陵,中・南部は低地で水田が広がる。中心集落の中新田は鳴瀬川の谷口集落で,奥州街道の脇街道である羽後街道と中羽前街道が交差する交通の要地であった。中世には仙北地域を治めた大崎氏の居城があり,近世には仙台藩の代官所が置かれた。明治以後も加美郡の商業中心として発達した。東部の鳴瀬地区では米作が,丘陵部の広原地区では酪農,果樹栽培が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報