中村 春堂(読み)ナカムラ シュンドウ

20世紀日本人名事典の解説

中村 春堂
ナカムラ シュンドウ

明治〜昭和期の書家



生年
慶応4年7月3日(1868年)

没年
昭和35(1960)年3月14日

出生地
福岡県

本名
中村 尚友

別名
通称=梅太郎,字=玄卿,別号=耕心斎

学歴〔年〕
豊津中学卒

経歴
河野私塾で漢学を修め、20歳で小学校長。明治29年上京、内閣法典調査会に勤務。31年書道大家の小野鵞堂門下となり、のちその後継者として婦人書道に大きな影響を与えた。34年女子大学書道教授となり、女子校講師などのかたわら私塾を開き子弟3000余人を育てた。戦前は日本書道作振会に属し、雑誌「習字の友」を主宰。戦後は日本書道連盟顧問、日展審査員を務めた。流麗な上代仮名をよくし、後年調和体を唱導した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android