コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村〈市〉 なかむら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕中村〈市〉(なかむら〈し〉)


高知県南西部、四万十(しまんと)川下流部に存在した市。
応仁の乱の後に開かれた古都で、「土佐の小京都」と呼ばれる。2005年(平成17)、合併により廃止。⇒四万十市

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

中村〈市〉の関連キーワードツル越冬地分散化計画下田(高知県)中村(高知県)高知県四万十市四万十[市]四万十(市)江戸 アケミ安岡 雄吉幸徳 秋水高田又兵衛山本 正美三原[村]宮畑 虎彦一条兼定四万十川中村尚政江口正直宝蔵院流中村平野幡多荘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android