コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村のしほ(初代) なかむら のしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村のしほ(初代) なかむら-のしお

1752-1777 江戸時代中期の歌舞伎役者。
宝暦2年生まれ。初代笠屋又九郎の子。2代加茂川野塩(のしお)をつぎ,京都の子供芝居をつとめる。初代中村富十郎の門弟となり,明和5年加茂川のしほを中村のしほとあらためる。7年江戸にいき森田座で活躍。若女方を得意とした。安永6年11月19日死去。26歳。京都出身。俳名は袖歌。屋号は天王寺屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村のしほ(初代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android