コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村七三郎(1世) なかむらしちさぶろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村七三郎(1世)
なかむらしちさぶろう[いっせい]

[生]寛文2(1662)
[没]宝永5(1708)
歌舞伎俳優。延宝期の立役天津七郎右衛門の子,2世中村勘三郎の孫にあたる。1世市川団十郎と並んで,元禄期の江戸劇壇を代表する立役。団十郎が荒事を得意としたのに対し,優美な和事に長じていた。元禄 10 (1697) 年京に上り,翌年『傾城浅間獄』で 120日間続演の大当りをとり,名声を高めた。江戸に帰ったのちも生島新五郎や2世団十郎に多大な影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中村七三郎(1世)の関連キーワード宝永

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android