コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村仲蔵(江戸系・初代) なかむら なかぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村仲蔵(江戸系・初代) なかむら-なかぞう

1736-1790 江戸時代中期の歌舞伎役者。
元文元年生まれ。2代中村伝九郎の門弟で,延享2年初舞台。宝暦11年中蔵を仲蔵とあらため,立役(たちやく)から実悪(じつあく)に転じる。「忠臣蔵」の定九郎役を工夫するなど,その新演出は秀鶴(しゅうかく)型として今にのこる。舞踊にもすぐれ,8代志賀山万作を称した。寛政2年4月23日死去。55歳。江戸出身。初名は中村市十郎。俳名は秀鶴。屋号は栄屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村仲蔵(江戸系・初代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android