コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村仲蔵(2代) なかむら・なかぞう

朝日日本歴史人物事典の解説

中村仲蔵(2代)

没年:寛政8.11.7(1796.12.5)
生年:宝暦11(1761)
江戸中期の歌舞伎役者。江戸生まれ。3代目大谷広次の門弟。大谷永助,同春次,3代目大谷鬼次を経て寛政6(1794)年に仲蔵を襲名した。屋号政津屋,俳名十洲。若衆形から立役に転じた。初代の芸風の忠実な継承者であったらしく人気もあったが,大成する前に没したために多くの事跡は伝えられていない。鬼次を名乗っていた寛政5年に江戸河原崎座で上演された「姫小松子日遊」中の長唄所作事「月顔最中名取種」に長田太郎役で主演して,その通称「鬼次拍子舞」にその名を残している。

(池上文男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中村仲蔵(2代)の関連キーワード中村仲蔵(江戸系・4代)中村仲蔵(上方系・初代)志賀山 勢以(5代目)中村 仲蔵(4代目)中村勘三郎(13代)志賀山せい(4代)松本幸四郎(4世)志賀山せい(5代)中山小十郎(2代)志賀山せい(3代)実川額十郎(初代)三遊亭円楽(5代)中山小十郎(7代)志賀山せい(初代)河竹新七(初代)桜田治助(1世)中村歌七(4代)中村鶴蔵(2代)瀬川如皐(1世)梅雨小袖昔八丈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android