コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村勘三郎(10代) なかむら かんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村勘三郎(10代) なかむら-かんざぶろう

?-1810 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者,座元。
300両の持参金で8代中村勘三郎(2代中村伝九郎)の次女の入り婿となり,天明6年10代を襲名。中村座座元をついだが,客の不入りと火事のため1年で義兄の3代中村伝九郎(11代中村勘三郎)に座元をゆずった。文化7年5月3日死去。江戸出身。本姓は斎藤。幼名は熊吉。俳名は雀童。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村勘三郎(10代)の関連キーワードクライストブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)スペイン独立戦争パッフ(Johann Friedrich Pfaff)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android