コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村勘三郎(2世) なかむらかんざぶろう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村勘三郎(2世)
なかむらかんざぶろう[にせい]

[生]正保4(1647)
[没]延宝2(1674).8.26.
歌舞伎俳優。江戸時代最初の官許の劇場猿若座 (→中村座 ) の座元。1世中村勘三郎の次男。父とともに内裏に参入して『新発意太鼓 (しんぽちたいこ) 』を演じ,「見るにあかじ」の心から明石の名を賜わった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中村勘三郎(2世)の関連キーワード延宝官許

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android