コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村又五郎(初代) なかむら またごろう

2件 の用語解説(中村又五郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村又五郎(初代) なかむら-またごろう

1885-1920 明治-大正時代の歌舞伎役者。
明治18年1月1日生まれ。中村紫琴の養子となり,明治23年中村正太郎の名で大阪で初舞台子供芝居の座頭をつとめる。31年又五郎と改名。東京にうつり,2代市川左団次一座にくわわる。大正6年から浅草の小芝居の座頭として活躍した。大正9年3月19日死去。36歳。京都出身。本名は庄次郎。俳名は紫琴。屋号は播磨屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村又五郎(初代)

没年:大正9.3.19(1920)
生年:明治18.1.1(1885)
歌舞伎役者。屋号播磨屋。本名中村庄次郎。京都先斗町に生まれる。中村紫琴の養子となり,5歳で初舞台。初名中村正太郎。明治31(1898)年,上京して新富座の子供芝居の座長となり,又五郎と改名。成人ののちは2代目市川左団次の一座に加わり,大正6(1917)年から浅草の公園劇場の座長となった。本領は古典作品の柔和な二枚目役だが,新作にも意欲を燃やし,浅草という大衆的娯楽街で文芸作品や翻訳劇を演じたのは特筆に値する。2代目は,名子役として評判をとった長男が大正10年に襲名。<参考文献>「中村又五郎追悼録」(『演芸画報』1920年5月号),阿部優蔵『東京の小芝居』

(石橋健一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村又五郎(初代)の関連キーワード中村吉右衛門(初代)中村時蔵歌舞伎役者播磨屋中村歌六(4代)中村歌六(5代)中村吉之丞中村時蔵(2代)中村時蔵(4代)中村又五郎(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone