中村四郎五郎(初代)(読み)なかむら しろごろう

  • 中村四郎五郎(初代) なかむら-しろごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1651-1712 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
慶安4年生まれ。初代中村七三郎の一門となり,元禄(げんろく)9年中村四郎五郎を名のる。坂田藤十郎一座では藤十郎につぐ立役(たちやく)をつとめた。おもに京都の都万太夫座で活躍し,武道事・俏事(やつしごと)を得意とした。正徳(しょうとく)2年1月5日死去。62歳。前名は梅垣安左衛門。俳名は歌鏡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android