中村宗哲(八代)(読み)なかむら そうてつ

美術人名辞典の解説

中村宗哲(八代)

塗師。千家十職中村家八代。名は忠一、通称は八郎兵衛、別号に到斎・聴雨・蜂老。父七代宗哲に師事した。玄々斎・碌々斎及び井伊直弼の好み物をつくり、棚物や懐石家具も制作した。能筆で、和歌・俳句を能くし、家伝・記録を詳細に残した。門下釜師の二代下間庄兵衛がいる。明治17年(1884)歿、56才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android