コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村富十郎(3代) なかむら とみじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村富十郎(3代) なかむら-とみじゅうろう

1859-1901 幕末-明治時代の歌舞伎役者。
安政6年5月10日生まれ。5代中村鶴助(つるすけ)の門弟。初舞台は大坂天満(てんま)の子供芝居。明治24年東京春木座の新築開場で3代富十郎を襲名。女方だが体がおおきいため役柄がすくなかった。明治34年2月21日死去。43歳。大坂出身。本名は中村梅太郎。俳名は慶子。屋号は八幡屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村富十郎(3代)の関連キーワード[各個指定]芸能部門オーストラリア・ニュージーランド文学シカゴ・ホワイトソックスビラフランカの和議余計者光の科学史ノバルティスオーストラリア文学内閣総理大臣正岡子規

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android