中村歌右衛門(三代目)(読み)なかむら うたえもん

美術人名辞典の解説

歌舞伎俳優。初代の子。本名大関市兵衛。屋号加賀屋。寛政3年三代目を襲名当り役は「一の谷」「千本桜」など。文政元年江戸中村座に滞在中だけ芝翫(初代)を芸名とした。天保6年に歌右衛門を四代目に譲り、玉助と称し俳名を梅玉とした。万能役者で演出の創案、新意匠の工夫などに梅玉型を残した。天保9年(1838)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android