中村雀右衛門(4代)(読み)なかむら じゃくえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村雀右衛門(4代) なかむら-じゃくえもん

1920-2012 昭和-平成時代の歌舞伎役者。
大正9年8月20日生まれ。6代大谷友右衛門の養子。昭和2年初舞台。戦後女方に転向し,23年7代大谷友右衛門を襲名。「佐々木小次郎」などの映画にも出演。一時関西で活躍したのち,39年歌舞伎座で4代中村雀右衛門を襲名。当たり役に「本朝廿四孝八重垣姫,「鎌倉三代記」時姫,「助六」揚巻のほか,「京鹿子娘道成寺」などの道成寺物。平成3年人間国宝。4年芸術院会員。13年文化功労者。同年日本俳優協会会長に就任。16年文化勲章。平成24年2月23日死去。91歳。東京出身。暁星中学卒。本名は青木清治。初名は大谷広太郎。俳名は梅斗。屋号は京屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android