コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村 歌右衛門(5代目) ナカムラ ウタエモン

2件 の用語解説(中村 歌右衛門(5代目)の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

中村 歌右衛門(5代目)
ナカムラ ウタエモン

明治〜昭和期の歌舞伎俳優(女方)



生年
慶応1年12月29日(1866年)

没年
昭和15(1940)年9月12日

出生地
江戸・本所請地町(東京都墨田区)

本名
中村 栄次郎

別名
初名=中村 児太郎(1代目),前名=中村 福助(4代目)(ナカムラ フクスケ),中村 芝翫(5代目)(ナカムラ シカン),俳名=魁玉,梅玉

屋号
成駒屋

経歴
4代目中村芝翫の養子。明治8年初代中村児太郎を名のって初舞台。14年4代目福助、34年5代目芝翫と改名し、44年5代目歌右衛門を襲名。容貌、品位にすぐれ、名女方と謳われ、明治の団・菊(9代団十郎、5代菊五郎)なきあとの歌舞伎界を統率し、明治後期・大正・昭和初期にかけて歌舞伎界を代表する名優となった。歌舞伎座幹部技芸委員長、日本俳優協会会長。当たり役は「桐一葉」の淀君やお三輪など。一時期不如帰」などの現代劇も演じた。「中村歌右衛門自伝」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

中村 歌右衛門(5代目)
ナカムラ ウタエモン


職業
歌舞伎俳優(女形)

本名
中村 栄次郎

別名
初名=中村 児太郎(初代),前名=中村 福助(4代目)(ナカムラ フクスケ),中村 芝翫(5代目)(ナカムラ シカン),俳名=魁玉,梅玉

屋号
成駒屋

生年月日
慶応1年 12月29日

出生地
江戸・本所請地町(東京都 墨田区)

経歴
4代目中村芝翫の養子。明治8年初代中村児太郎を名乗って初舞台。14年4代目福助、34年5代目芝翫と改名し、44年5代目歌右衛門を襲名。容貌、品位にすぐれ、名女形と謳われ、明治の団・菊(9代団十郎、5代菊五郎)なきあとの歌舞伎界を統率し、明治後期・大正・昭和初期にかけて歌舞伎界を代表する名優となった。歌舞伎座幹部技芸委員長、日本俳優協会会長。当たり役は「桐一葉」の淀君やお三輪など。一時期「不如帰」などの現代劇も演じた。「中村歌右衛門自伝」がある。

没年月日
昭和15年 9月12日 (1940年)

家族
養父=中村 芝翫(4代目),養子=中村 福助(5代目 成駒屋系),二男=中村 歌右衛門(6代目),孫=中村 芝翫(7代目)

伝記
団菊以後歌舞伎百年百話ぜいたく列伝人と芸談―先駆けた俳優たち芸術家ぜいたく列伝日本橋檜物町 伊原 青々園 著上村 以和於 著戸板 康二 著馬場 順 著トーマス・マン ほか著戸板 康二 著小村 雪岱 著(発行元 青蛙房河出書房新社学陽書房演劇出版社国書刊行会文芸春秋中央公論社 ’09’07’04’99’98’92’90発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone