中村 菊男(読み)ナカムラ キクオ

20世紀日本人名事典の解説

中村 菊男
ナカムラ キクオ

昭和期の日本史学者 慶応義塾大学法学部教授。



生年
大正8(1919)年11月11日

没年
昭和52(1977)年5月17日

出生地
三重県志摩郡鳥羽町(現・鳥羽市)

学歴〔年〕
慶応義塾大学法学部政治学科〔昭和18年〕卒

学位〔年〕
法学博士(慶大)〔昭和35年〕

経歴
昭和20年慶応義塾大学法学部助手、21年助教授、27年教授に就任。戦後いち早く民主社会主義を提唱し、26年民主社会主義連盟の結成に参加。34年には民主社会主義研究会議の創設に参画した。30年社会党の左右両派統一に際し、右派代表として統一綱領作成にあたった。民主社会党の理論的指導者として知られた。39〜47年選挙制度審議会委員。著書に「民主社会主義の思想」「昭和政治史」「近代日本の法的形成」「議会政治と大衆行動」「入門政治学」「日本社会主義政党史」「天皇制ファシズム論」「政治文化論 政治的個性の探究」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android